きっと魔法のトンネルの先

約二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

きっと魔法のトンネルの先 </a>

きっと魔法のトンネルの先

二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

京野アートクリニック初診

《2017年1月の記録》

今回は体外受精に至るまでの不妊治療の記録として

まず初診時や、その後の検査の様子を振り返ってみようと思います。

 

 

京野アートクリニック高輪での治療

 

 

今からもう2年も前になりますが、2017年の年明けに

不妊治療 京野アートクリニック高輪(東京 港区 品川)

に転院しました。

確か2016年のクリスマスあたりに判定を聞いて、見事に三度目の陰性で...

色々思い切りが必要だ!という勢いで

その10日後にはアッサリ転院していました。

(フットワークよ 笑

 

 

京野アートクリニックは

・男性不妊を専門的に見てもらえること

・通いやすいこと

不妊治療の雑誌等で名前をよくお見掛けするので、実績と技術があると感じたこと

以上の理由から選びました。

 

 

私の初診

まずは私の初診から平日にとりました。

ほかのクリニックは初診予約が取りにくいこともありますが、取りやすくてびっくり。

 

今はweb問診票がある様ですが、

以前は所定の用紙をダウンロードして、事前に郵送する形でした。

自分のフォーマットで詳しい治療歴をまとめたものもつけておきました。

 

(初診時や再診時、妊娠判定の時もその治療歴を見ていただいて感激でした...!)

 

ドキドキしながら向かい、受付。

f:id:kkookk:20190605221321j:plain

 

まずはたくさんの資料と、PHSを渡され、ナースから呼ばれ

スクリーニング検査(採血)

内診

③診察

を行いました。

 

PHSは個人情報保護の観点からで、名前で呼ばれないのですごく気軽。

二回目からは診察券を通して、その日の番号がカードに印刷されて、

電光掲示板に表示される形式でした。

 

診察では今までの経過を元に今後の希望をお伝え。

顕微授精をしてきたので、何の疑いもなく今後もそれを希望することを伝え、

夫の検査の結果次第で進みましょうとお返事をもらいました。

 

会計 27,000円

 

家に帰って資料を読んだのですが、とても細かい内容で、診察のことや

体外受精のスケジュールや費用、検査等について事細かに書いてあり

とても不安が軽減したことを覚えています。

 

 

夫の初診  

私の初診の9日後に夫の初診。

お仕事が休めないので土曜日に予約を取りました。

土曜日だったので、夫婦で来られている方がとても多かったです。

今まで通院していたうすだレディースクリニックでは男性が居られるスペースがなく、

夫婦で診察に来られている方はすごく少ない印象でした。

京野アートクリニックでは、基本夫婦一緒に治療を進めるというスタンスだったので、私たちもほとんどの大事な場面は二人で行きました。

 

 

夫も様々な検査を行いました。

 

基本ART治療の希望がある場合は男女共にスクリーニング検査は必須でした。

 

衝撃の結果が発覚!!!

私たちはそもそもART治療をしようと決めたのは男性不妊がきっかけでした。

実際前医では結果が思わしくなくて、一回の検査ですぐに顕微に進みました。

 

今回も悪い結果を想定して、男性不妊の先生の診察に入ったら…

なんとここで驚きの結果が(⚆.̮⚆)!!

 

f:id:kkookk:20190605222534j:plain

全部、基準値以上!!!

 

 

すこぶる良いという結果ではないのだけど、悪くはない。

なんだか夫婦で固まってしまって、先生に 

「え?じゃあ、とりあえず体外はしなくていいんでしょうか?」と聞いてみたら

 (今考えたら男性不妊の先生に聞いても決めるのは先生じゃないのに、

失礼いたしました!って感じです。。。)

 

男性不妊の観点から言うと理論上は今のところは必要ないんですよ、と 

下記の数字を書いていただきました。

十分、自然でいけるんじゃないでしょうか、とのこと。

 

f:id:kkookk:20190605222709j:plain

 

ただ男性の結果だけでは決められないから、

次回改めて相談して決めましょうということになりました。そうですよね。

 

さて、どうしよう!?!?!?

ってことで、二人で一週間後の外来をそれぞれ予約して混乱しつつ帰宅しました。

 

会計 31,320円

 

今後の方針決定

 

さて、待ちに待った一週間後。

二人でそれぞれ診察を。

私→内診、診察 会計2,020円

夫→血液検査の結果を伺う 会計1,000円

 

現状夫婦揃った現時点での問題は何も見つからなくて、

急いで体外&顕微に進むのではなく、自然に任せてみるのもいいかもしれない。

でも、心配なようであればまずは一回やったことのない

人工授精でもいいかもしれませんよ、と助言を頂きました。

 

あくまで選択は夫婦に委ねて頂けた形で、とても好感が持てました。

 

考えた結果、

次の生理が来たら、まずは人工授精に進むことにしました。

 

 

 

初診から方針決定までにかかった費用は??

計61,340円  でした。

 

 

 次回は人工授精その後体外に進むまでの経過についてお話ししようと思います。

 

 

当ブログのプライバシーポリシーについて