きっと魔法のトンネルの先

約二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

きっと魔法のトンネルの先 </a>

きっと魔法のトンネルの先

二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

体外受精 準備~採卵まで

京野アートクリニックで不妊治療を行った記録です。

ここでは体外受精を進めるにあたっての採卵までの様子や、採卵日についてお話したいと思います。

 

 

通院(~採卵まで)

お休み期間を経て、体外受精に再び挑戦することを決めた私たち。

2017.6.10~7.2までの記録です。

 

D2 スケジュール決定 6/10

早速受診をし、先生に体外受精をお願いしたいことを伝えると、

その日から誘発を始めることになりました。

この日は

  • 超音波検査
  • ホルモン採血
  • 体外受精にかかわる同意書、お渡し
  • 自己注射の説明、お渡し
  • 夫婦で服用する抗生剤のお渡し(一日一錠採卵まで毎日)

がありました。

会計 32,100円

 

f:id:kkookk:20190607224418j:plain

 私はアンタゴニスト法をしました

 

京野アートクリニックは通院回数を減らすために、誘発に関する刺激はすべて自己注射で行っています。

初めての自己注射だったのでドキドキでしたが、別室でナースさんがとても丁寧に指導してくださいました。

京野のいいところはナースさんたちが本当に優しい人たちばかりなこと。

いやな思いをしたことって、本当に一度もなかったんです。

親身に寄り添ってもらったこともたくさんあって、ストレスがかからず通院を続けることができました。

 

 6/10~6/14  ゴナピュール150単位 一日一回皮下注射

 6/14 AM  セトロタイド0.25mg  皮下注射

f:id:kkookk:20190607223459j:plain

f:id:kkookk:20190607223522j:plain

D6   6/14

この日は

  • 超音波検査
  • ホルモン採血
  • 同意書の提出
  • 注射のお渡し

会計 23,920円

超音波検査をしたところ、あまり育っていなかったのですが

単位は変えずに誘発を続けました。

6/15~6/17 HMGテイゾー150単位 一日一回皮下注射

6/17 AM セトロタイド0.25mg  皮下注射

 

 

D9   6/17

  • 超音波検査
  • ホルモン採血
  • 排卵を止める注射のお渡し

会計34,880円

 

良い感じに育っており、採卵日が決まりました。

6/18~19   HMGテイゾー150単位  セトロタイド0.25mg

6/19  21:00  ルクリン0.2ml 1mg     22:00    ゴナトロピン5000単位 

(すべて皮下注射)

 

採卵日までの通院は計3回でした。

 

D13  採卵日  6/21

 採卵の日は8:10までに来院の指定がありました。

夫は採精室へ、私は内診後、足を踏み入れたことのなかったリカバリールームへ移動。

 

f:id:kkookk:20190607224816j:plain

ベッドが並びます。何人か既に待機してらっしゃいました。

私は確か3番目くらいに呼ばれたかなぁ。奥に採卵室がありました。

手術着に着替え待機。

麻酔は座薬と局所麻酔でした。採卵に関しては痛みまったく感じず。

あっという間に終わりました。

 

横になって大きなモニターが見えるので、採卵される様子がよくわかる!

管に卵ちゃんたちが吸われていく様子がわかって感動。中々な体験でした。

 

f:id:kkookk:20190607225145j:plain

採卵自体はあっという間に終わり、1時間くらい横になっているように言われました。

診察したら腫れがひどかったみたいで、結局お昼くらいまで計4時間くらい安静になりました。

長引いてしまっていたのは私だけで、ずーっと貸し切りでした。

暇すぎてハーブティーやお水を頂く。笑  素敵な空間。

梅雨だったから、雨が降っていました。

(ちょうど今頃の季節に採卵したのかーもう2年も前になるなんてびっくり!)

 

f:id:kkookk:20190607225332j:plain

f:id:kkookk:20190607225344j:plain

パウダールームが併設されていました。おしゃれ!
 

 

長い長い安静が終わると、コーディネーターさんとのお話がありました。

結果、13個採卵。

ホルモン値の結果次第では申請胚移植も検討の余地ありだったのですが、

値が悪いのと、子宮環境を整えてからの移植のほうが良いという先生の判断があったので数日後の移植は延期になり、すべて凍結することになりました。

 

会計 400,600円

通院(採卵後~)

D16 6/24

超音波検査で卵巣の腫れ具合のチェックをしました。

 

会計 8,750円

 

D24 7/2  凍結結果

凍結結果を聞きに行きました。

 

採卵数は13個  結果使えたものは9個

7個→体外受精  6個正常授精

2個→顕微授精  2個正常授精

【凍結結果】

すべて胚盤胞

5日目 4BA

5日目 4BB

5日目 4BB

6日目 4BC

6日目 4BC

 

以前受けたカウンセリングで、培養技術の高さをカウンセラーさんがお話していました。

どうやら胚のグレードの付け方も結構厳しいみたい。

今までの採卵でAがついたことってなかったから、とてもうれしかったのを覚えています。

(結果5日目 4BAで妊娠できたのです)

 

 

 

 会計 75,600円(凍結代など) + 4,860円(検査は保険でできました)

 

 

採卵に要した費用と日数

計 580,790円

通院回数は採卵日含め 6日

 

以前のクリニックは自己注射を選択できないところだったので、

採卵に至るまでほぼ毎日通院を続ける必要がありました。

それに比べると遥に楽で、自分自身の負担も軽くなりました。

 

待ち時間は長いのだけど、完全予約制なので人はとても少なくて

ゆったりしたスペースが確保されています。

wi-fiも繋がるので、暇なときはiPad持っていき動画を見たりもしていました。

 

男性が来やすい雰囲気なので、夫も凄く行きやすいと話していて、

来られるときは積極的に同伴してくれました。

一緒に診察を受け、二人で決められたという印象が強いです。

なので納得して、二人で一緒に治療に取り組めたと思っています。

それが決定的に前医と違うところ。

だから治療に関して、いさかいがあったり、私だけにストレスがたまるっていうことが皆無。

それは女性にとって、本当に助かるし、そういう環境を提供してくれたクリニックにはひたすら感謝しています。

 

採卵の日は大雨で、朝も食べてなくてへろへろ。

お昼過ぎに、大好きなお店でランチをしました。

テラス席で大雨を眺めつつ、いつか三人で来られるといいねえ、なんて話しました。

 

f:id:kkookk:20190607232248j:plain

f:id:kkookk:20190607232253j:plain

 

 

 

 

 

当ブログのプライバシーポリシーについて