きっと魔法のトンネルの先

約二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

きっと魔法のトンネルの先 </a>

きっと魔法のトンネルの先

二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

31歳になりました。

f:id:kkookk:20191212154603j:plain

 

先月、31歳になりました。

自分の思い描いていた31歳は、もっと大人で、もっと成熟していたような気がします。

大人って、何なんだって思いはいまだにありますが。

 

歳を取るのは当たり前で、何もしなくても自動的に進んでいくだけ。

表面的には進んでいるけれど、ちゃんとそこに伴えているんだろうか、成長が。

 

日々こなしていると、いろんなことに鈍感になり、諦め、様々なものを捨てる必要もある。

子どもと過ごす日々の中で幸せや得るものがありながら、

それと同時に制限や、我慢みたいなものもある。

決して綺麗な感情だけじゃないと思う。

それとどう折り合い、自分の人生を作っていくか。

子どもだけの人生ではなく、自分の人生を作っていくか。

 

子育てに大事な時期でありながら、それと同時に仕事においても今はとても大事な時期。

時間は戻らない。

後で取り返せないものも、あるはずだと思う。

今の時期に得ないと身につかないものもあると思ってる。

 

ちゃんと自分自身が成長していかなければいけないんだと最近身に染みて感じています。

だから諦めばかりじゃ良くない。

 

日々、人の人生に触れさせてもらっている仕事をしているわけだけど、

自分が大した人生経験もない中で、助言をしたり、進言できることって言うのは限られる。

子どもが生まれて、少しだけ視野が広がり、バランスを取れてきた自覚はあるけれど、

それでもまだまだなんだと思う。本当に至らなさみたいなものをしょっちゅう感じる。

 

月日が重なり、経験が増え、自分の人生が豊かになることで、もっともっと広がりが出来てくるんだろうなぁ。仕事の幅に。

 

納得がいく、後悔のない人生なんて、あり得るのかわからないけれど、

そうなったらいいな、と思います。

 

誰かが私を頼ってくれたら、そんなにうれしいことはないなと思う。

誰かの人生に関わることが、多分本当に好きなんだと思う。

 

子どもや夫と、家庭を楽しみながら、ちゃんと仕事を極めたい。

 

それは無理をすることでもなく、背伸びをすることでもなく、

自然に、柔軟になれたらいいなと思う。

そんな31歳の今の気持ちです。

 

 

f:id:kkookk:20191212154646j:plain

f:id:kkookk:20191212154610p:plain

f:id:kkookk:20191212154618j:plain

f:id:kkookk:20191212154638j:plain

f:id:kkookk:20191212160156j:plain



 

 

 

 

 

 

当ブログのプライバシーポリシーについて