きっと魔法のトンネルの先

約二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

きっと魔法のトンネルの先 </a>

きっと魔法のトンネルの先

二年に及ぶ不妊治療の末、2018年5月に男の子を妊娠出産。フルタイム共働きで育児奮闘中。仕事に育児に、慌ただしくも温かな日々の記録。

2019年 仕事納め

先日、公認心理師現任者講習会を終えました。

それについてはまた追々振り返り記事を書きたいなと思っているのですが、

ようやく仕事納めのような気持ちになりました。

 

2019年はどういう年だったかなと思い返すとやはり一番は仕事に邁進できた年だと思う。

夫と息子の協力のお陰。

脇目も振らず全力疾走してきたけど、数カ月経って目に見えて自信がついたように感じます。気付いたら。

周りとの関係性や、信頼感って、量的に測れるものではないのだけど、

明らかに今まで以上に手ごたえがあって、周りからの気持ちを嬉しく受け取っています。

 

任されること、頼られること。自分の居場所を確認できるうれしさ。

そういうものに気付けた年になりました。

以前より明らかに責任感が増えたのだけど、あまりプレッシャーに思わずやれている。

バランス感覚が養えて来たのだと思います。

それは多分育児をしているお陰。本当に。

一つだけの何かじゃ、ダメなのだと思います。(私の場合)

 

仕事が苦しくてしんどい時期も、心のよりどころ、家族のお陰で救われました。

どれかを極めるのであれば、何かを犠牲にしなきゃいけないのだと思うけれど

ほどよいバランスで、どれも大切にできたらな~。なんて、わがままか。

 

最近、自分の理想とする仕事の仕方って?

10年後、20年後の目標を定めつつ試行錯誤しています。

まだまだもちろん答えは見つからないのだけど、

常に、知識を携えなければなー。

現状に満足するんじゃなくて、勉強し続けなきゃなってことに2019年最後に痛感しました。

 

年を重ねて、十分その道のプロとしてやっていても、勉強や研鑽を続ける10~30歳上の方々と話して、

あぁ まだまだだ 全然無理 あと30年は続けなきゃって当たり前のことに気付いた。

 

だけど今の自己満足も、大切だと思うのです。

うまくやれているとは思わないけれど、とりあえず、形にはなっているはず。

 

 

何年か前、本気で向き合った方が今元気に手を振ってくれた姿を見たり、

数か月前苦しそうにしていた方が、また帰ってきちゃったなんて言いながらも

以前よりずっと笑えていたり、

ここ1,2か月凄く話を繰り返してきた方が、少し前を向けた瞬間に出会えたり

最近そういうはっとうれしい瞬間がいくつかありました。

もちろん苦しい場面の方がずっと多い。

糸を張りつめている瞬間ばかりだけど、その人のいつかのために、役立ちたいと思う。

無駄になることもいっぱいあるし、へこたれることなんて日常茶飯事。

うまくいかないことの方が多いけど、投げかけていくことに意味がある。

続けていくことが大切。

 

人の人生に関わっていけることは、苦しさも多いけど、うれしさや楽しさもいっぱいある。

仕事復帰して、改めて自分のしている仕事の意味深さや尊さを感じ、大好きだと感じた次第です。

人からの”ありがとうございます”って言葉本当にたくさんもらえたなぁ。

来年も、頑張ります。

 

 

 

 

当ブログのプライバシーポリシーについて